志を育む、活力ある研究室。

従来の限界を超えた新しい実験手法やアプローチ法を開発することによって新たな発見や知見をもたらし、そこから独創的な価値や次代を担う革新的なアイデアを生み出すことを目指しています。創造的な研究活動の中で“志”と“実行力”が育まれる、活力と活気にあふれた研究室です。

SUGIMOTO GROUP

ミクロな計測とマクロな計測を駆使し、
核心をつく独自の物理学的洞察により、
表面界面科学をリードする!

物質の表面や界面は、物質内部における周期性や連続性が途切れた特殊な状態にあります。私たちは、物資の表面・界面に存在する水分子が本質的に関わる重要な緒現象に特に大きな関心を持ち、表面界面科学の視点から無機触媒化学や有機合成化学、真空工学、物質科学、生命科学、大気科学、天文科学等の重要な緒分野の新しい学理を構築・開拓することを目指しています。​

赤外光や可視光・紫外・X線領域にわたる様々な光を用いた先進的な分光法やオングストロームスケールの極微計測法を駆使して、『物質の表面』や『異なる物質間の界面』において発現する原子や分子の特異な構造物性・化学的機能・量子ダイナミクスを解明する実験研究に挑戦しています。​

また、物理学・物理化学に根差した深い考察にもとことん拘っています。見出した新奇な現象に対して自ら理論や数理モデルも構築・提唱し、自由な発想で分野横断的に基礎科学研究のブレイクスルーをもたらすことを志しています。​

分子科学研究所

(杉本グループの紹介は 5:33~6:29 です。)

分子科学研究所には、物理、化学、生命科学など多彩な研究分野から次代をリードする研究者が集められ、卓越した研究環境の中で先鋭的な研究が展開されています。
特に、夢を持った若手研究者が新しい装置を立ち上げながら本当に志したい
独創的な研究を展開することができる日本屈指の国立基礎科学研究所です。

私達と一緒に研究しませんか?

「物理学・物理化学の素養を身に着け、現在に無い新しいものの見方(コンセプト)を確立したい!」
「複雑な物質や現象の背後に隠れた数理・真理を見出す研究に挑みたい!」
そんなパッションを持つ学生・若手研究者の方々との時間を大切にしています。
研究室見学や,研究キャリアアップの相談等も随時受け付けています。
ご希望の方は、お気軽に杉本までお問い合わせください。

                       

国立研究所ならではの卓越した環境で
トップレベルの研究者を​目指しませんか?